2022年11月28日月曜日

【個塾だより】「おい、あくま」で、一日一日を大切に。

中東カタールで、サッカーのワールドカップが開催されています。

日本戦になると、テレビ中継も、ネット中継も、ものすごい数の人が視聴しますね。

「にわかサポーター」なんて言葉も出てきます。

私は、悲しいかな、「にわかサポーター」にもなれません。

(「にわか」って、「にわか雨」でよく聞きますが、

 恥ずかしながら、以前は「ちょっとした雨」だと思ってました。

 正しくは「急な雨」なんですね。)

サッカーの試合を前後半90分見ているのが疲れます。

常にゲームが動いているからでしょうね。ハイライトがちょうどいいです。

私の場合は、動きに「間」のある野球の方が性があってるみたいです。

(本当は、私には見えないだけで、常に動いているんでしょうね。)


そこで、今回の個塾だよりはプロ野球選手にまつわるエピソードからの言葉です。

それが、「おい、あくま」「あおいくま」です。青色の熊ではないですよ。

「おい、あくま」は、「世界の盗塁王」福本豊さん(元・阪急ブレーブス)がコーチに言われた言葉。

「あおいくま」は、今年大活躍した湯浅京己投手(阪神タイガース)が独立リーグ時代にコーチから言われた言葉。

ともにコーチが選手を励ます際に伝えた言葉だそうで、ほぼ同じことを言っています。

 「お」:怒るな。

 「い」:威張るな。

 「あ」:焦るな。

 「く」:腐るな。

 「ま」:迷うな。負けるな。

です。順番を変えれば「あおいくま」になりますね。

福本さんがコーチから言われてから、おそらく50年くらいの時を経て、

湯浅投手がコーチから伝えられています。

もちろん、伝えたコーチは別人です。

プロ野球界では、代々、伝えられてきたことなのでしょうね。


うまくいかない時、「怒らない」「焦らない」「腐らない」「迷わない、負けない」。

うまくいって時、「威張らない」。

なにも、野球に限ったことではないように思います。

「怒る自分」「焦る自分」「腐る自分」「迷う自分、負ける自分」

「威張る自分」が出てきそうになったら、

「おい、悪魔が出てきたな」と「自分の中の悪魔」を退治したいですね。


怒らず、焦らず、腐らず、迷わず・負けず、そして威張らず、

一日一日を大切に取り組むべきことに、取り組みたいですね。

2022年11月19日土曜日

【お知らせ】12月スタート生対象 個塾見学会・相談会ーできるかどうか不安な時は・・・-

出来るか出来ないかわからぬ時は、

出来ると思って努力せよ。


これは、江戸から昭和を生きた哲学者・三宅雪嶺という人の言葉です。


出来るかどうかが分からない時、不安な時

つい行動にうつすことをためらってしまうってこと、あると思います。

個塾の生徒にも、

模試を受けたり、

ぱっと見て難しそうな問題を解いたり、

ってことを避けたがる人はいます。

出来なかったぁ、失敗したぁ、を経験したくない気持ちが働くんですね。

「できなかったら落ち込みますから」って、言います。


でも、そんなときこそ、

出来ると思って努力しよう、という三宅雪嶺からのエールです。

もっというと、出来ると思えるくらい努力しようということだと思います。


2022年もあと1か月。

2023年、自分に何を付け加えますか?どんな自分になりたいですか?

コロナ禍ももうすぐ3年。

そろそろ、委縮した心と体を自ら解放して、なりたい自分に挑戦しましょう。

1年の終わりは、2023年度にむけた助走期間の始まりです。

師走から、自走しましょう。

【12月スタート生 個塾見学会・相談会】

   2022年11月21(月)~12月3(土)9:00~18:00 ※日曜祝日は除く。

      ※ご来塾の際は、マスク着用等にご協力ください。

【個塾見学会・相談会のお申込み】
  ※電話の場合:096-223-6623

     受付時間は (月~金)9:00-18:00(土)9:00-15:30

  ※メールの場合:mail@k-cojuku.com 

     ☆必ず、名前と希望日時、電話番号を明記してください。
      また、上記アドレスから受信できるようにしてください。

2022年11月5日土曜日

【お知らせ】個塾の冬期講習 2022ーバッターボックスに立ってみる。ー

 とにかく

バッターボックスに立ってみる。

バットを振ったら、

当たるかもしれないじゃないですか。


これは数か月前の熊本日日新聞で出会った、

若宮正子さん(1935年生まれ)の言葉です。

若宮さんは、定年を機にパソコンを始め、

81歳で初めてゲームアプリを作ったことで国連本部でスピーチなさったり、

86歳でデジタル庁のデジタル社会構想会議の構成員をなさったりと、

80歳を越えてから若宮さんの人生はずいぶん変わったそうです。

引き続き、若宮さんの言葉をご紹介します。


バットを振ったら当たっちゃったんです。自分でもびっくりしています。

人生は本当にわかりませんよ。

自分の未来にフタをしないこと。

何歳からでも人は変わることができるから。


ついつい、

「どうせムリに決まってる」

「やってもムダ」

そう思っちゃうときもあるかもしれません。

でも、それって、

自分の未来にフタをしちゃってる、

自分の可能性を自分で閉ざしちゃってる、

そういうときかもしれません。


そんなときは、若宮さんの言葉を思い返してみましょう。

とにかく、

バッターボックスに立ってみる。

バットを振ってみる。


もし、立ってみても、振ってみても、当たらないかもしれません。

でも、立ってみないと、振ってみないと、当たることは絶対にありません。

まず、立ってみる。振ってみる。

あとのことは、そのあと考えればいい。


さぁ、立ってみましょう。振ってみましょう。

本格的に「立つ」前に、「振る」前に、

試しに「立ってみる」、「振ってみる」。

その「○○してみる」が、個塾の冬期講習です。


「○○」は、自分次第。

あなたは、何を「してみ」ますか?


【個塾の冬期講習 2022】

●期 間:2022年12月5日(月)~2023年1月7日(土) 全4週間

●コース:週2日・1日2コマ~期間中・全コマ

●学 費:29,000円~69,000円(入塾金等は不要。)

●お問合

  ※電話の場合:096-223-6623

     受付時間は (月~金)9:00-18:00(土)9:00-15:30

  ※メールの場合:mail@k-cojuku.com 

     ☆必ず、名前と希望日時、電話番号を明記してください。
      また、上記アドレスから受信できるようにしてください。

2022年11月4日金曜日

【お知らせ】「中学不登校生のための進学相談会-進路ってどう選べばいい?-」 11月・開催

「学校に行ってないから、進路は『通信』」。

そう思ってませんか?

いやいや、他にも道はありますよ。


私ども「くまもと学舎 個塾」では、、

「中学不登校生のための進学相談会ー進路ってどう選べばいい?ー」を開催いたします。


先月開催した際には、

中卒生の保護者さんから、

 「中学は卒業したけど、どこにも所属してない。

  これからどういう風に考えて、どういう風に行動したらいいか聞きたい。」

中学2年生の保護者さんから、

 「学校に行っていない。今からの指針がほしい。」

など、

ご家族から進路についての「考え方」・「方向性」のご相談がありました。


今月も、引き続き、

全日制高校・定時制高校・通信制高校の違いや特徴、

その他の高卒資格取得方法(高卒認定試験)など、

一人ひとりの状況に応じた情報提供や相談を行います。

不登校生や保護者のみなさんの不安軽減、

より望ましい進路選択に少しでもお役に立てれば幸いです。


中学卒業後の進路で、

「これでいいのかなぁ」という人や、

「まったくわからないなぁ」という人は、お気軽にお越しください。


中学不登校生のための進学相談会」実施要項

1.日 時:1126日(土)10001500

2.場 所:くまもと学舎 個塾

3.内 容:高校進学・高卒認定試験受験など中学卒業後の進学に関する個別相談

4.定 員:申込順5組 参加費は無料。要・事前予約。

5.申 込:前日17時までに、下記申込先宛に

①参加者氏名・②希望時間・③連絡先電話番号をお伝えください。

 6.申込先:(TEL096-223-6623 (メール)mail@k-cojuku.com

※メールでお申し込みの際は、当方からの返信を受け取れるようにしておいてください。

※ご来塾の際は、マスク着用をお願いします。